黒谷とは

これでわかる!黒谷

  • STEP 1 人と銅との関わり
  • STEP 2 黒谷とは
  • STEP 3 業績と今後の成長戦略
クロタニの技術

黒谷 美術工芸部
集い・育み・受け継ぐ慶び
慶聚は慶びが広く集まることを願って名づけられた黒谷の登録商標です。

黒谷株式会社

本社・工場
〒934−8501
富山県射水市奈呉の江12−2
TEL0766−84−0001
FAX0766−84−2000
>>>本社・工場地図

東京支店
〒101−0047
東京都千代田区内神田1丁目15−15
TEL03−3292−0511
FAX03−3295−6777
>>>東京支店地図

新潟事業部
〒950−0885
新潟市東区下木戸1丁目542
TEL025−273−0001
FAX025−273−0119
>>>新潟事業部地図

 

TOP > 株主・投資家情報 > 事業の内容

事業の内容

当社は、銅を中心とした非鉄金属関連ビジネスとして、インゴットの製造・販売とスクラッ プの加工・販売を2本柱として事業展開を図っております。このほか、美術工芸品に関する製造 販売も行っております。
当社の事業における大きな特徴は、インゴットとスクラップを同時に取り扱っていることにより、雑多な非鉄金属を一括買いすることが可能であることです。通常、インゴット製造のみ を行っている場合であれば、その製造に必要なスクラップ原材料のみを仕入れることになりま すが、当社の場合、あらゆるスクラップを取り扱うことが可能であります。

(1) インゴット

インゴットについては、国内外から集荷した銅スクラップ及び銅合金スクラップを原材料として配合、溶解し、得意先各社のニーズ、用途に合わせた形状・重量の製品約50品種を生産しております。
仕入れたスクラップは、製品ごとの要求規格に合致する成分割合になるよう製造し、国内外の販売先(造船メーカー、住宅設備メーカー等)に販売しておりますが、製造を行う上で、それぞれの元素の地金同士を組成する場合であれば、製造技術上大きな困難はありません。一方、合金化されたスクラップ原材料を用いてこれら複数の金属元素の組成を行うことは技術的要素が必要となります。当社は、各スクラップの分析ができる技術と環境を有しており、国内外の規格や取引先が指定する独自の規格に適合するインゴットを製造しております。

中心となる品種

(1)船舶のスクリュー原材料として用いられる「アルミ青銅」(販売品名:CACln703等)
(2)水栓金具、止水栓、産業用バルブ等、主に住宅産業向けに販売する「青銅」
  (販売品名:CACln406,LOW LEAD,CACln902等)、「黄銅」(販売品名:YBsC等)

 

(2) スクラップ

スクラップは、国内外の仕入先(スクラップ回収業者、メーカー等)から仕入れた約150品 種の非鉄金属スクラップについて選別・プレス等を行い、国内外の販売先(電線メーカー、銅 精錬メーカー等)に販売しているほか、自社インゴット製造のための溶解用材料として利用し ております。スクラップに係る処理は内製化によって行っていますが、一部外注利用も行って おります。

中心となる品種

(1)主に電線、銅板条・銅管、銅箔の各メーカー向けに販売する「純良な銅スクラップ」
  (販売品名:ピカ線、赤ナゲット等)
(2)主に銅精錬メーカー向けに販売する「銅スクラップ」(販売品名:銅屑、銅滓等)
(3)主に住宅設備や各種産業バルブ業界向けに販売する「銅合金スクラップ」
  (販売品名:真中粉、セパ、メッキセパ等)
(4)アルミメーカー(軽圧、板条、二次合金)やステンレスメーカー向けに販売する
  「アルミ・ステンレス系スクラップ」
  (販売品名:写真板、サッシ、ビス付サッシ、アルミ缶、ステンレス等)

 

(3) その他

その他の主なものとしては、美術工芸品の製造販売並びに伸銅品等の商品仕入れ・販売です。
美術工芸品の主なものは、モニュメント、記念品、置物、仏像、ジュエリー等です。当社は 多品種生産に対応可能な体制を構築しており、このことにより、嗜好の変化の激しい市場環境 の中にあっても、絶えず事業展開を図ることが可能となっております。

 

材料受入から出荷までのフロー図

材料受入から出荷までのフロー図

 

インゴットとスクラップの写真

 

主要拠点

主要拠点

 

事業系統図

事業系統図

<<< 株主・投資家情報トップへ戻る