TOP  >>  取扱い素材について

取扱い素材について

美しい鋳肌、肉厚の薄さ、巧緻な模様など美術鋳造の難しい課題を超え、繊細優美な天衣の曲線や複雑な瓔珞など、彫刻家が丹精こめた精巧な作品を、見事に再現できるのも精密鋳造技術ならでは。